​UNIVERSITY

学術論文翻訳サービスの正しい選び方と使い分け

世界水準からすると、現時点では国内に存在するジャーナルのステータスはまだ低く、研究者とその研究成果の評価に大きく影響する論文投稿の先は、どうしても英文ジャーナルということになります。

 

研究論文が英文ジャーナルに掲載され、研究内容が公表されると、他の研究者の引用文献として利用される可能性もあり、さらに研究者が取り組む研究の価値を上げることにもつながります。

 

自身の研究成果を世界に紹介したい研究者や大学生のニーズに応え、英文ジャーナルへの投稿を支援する、さまざまな学術論文翻訳サービスが近年続々と登場しています。

 

アカデミックジャーナルの現状      

日本に限らず、世界中の研究者がメジャーな英文ジャーナルに論文を投稿し、研究成果に対する高い評価を得ようと、しのぎを削っています。

メジャーな英文ジャーナルとは何でしょうか。

 

ジャーナルインパクトファクター値(IF値)に従いランク付けしたジャーナルの中、その上位を占めるものを指します。

 

最もよく知られているのは、米国の国際的な大手情報企業トムソンロイターが独自に設けた知名度と影響度を評価指標とするIF値です。

 

大学や研究機関が研究者を採用する際の履歴書に、このIF値でランク付けされたジャーナルに何本の掲載実績があるかを記載することは、ほぼ常識になっています。

 

論文掲載と研究者の評価

 

多くの研究者がIF値を参考に、投稿するジャーナルを選択しています。

評価を上げたいと無暗にIF値の高いジャーナルに投稿しても、研究内容がそのジャーナルに掲載されるレベルに満たなければ、査読で不採択と判断され、掲載には至りません。

査読では、同じ分野の研究者が査読者となり、査読対象論文がジャーナル掲載に妥当な質および内容かを審査します。

この審査で最も重点を置かれるのは、研究内容や研究成果であることは言うまでもありませんが、研究意義や価値が査読者に伝わるような英語で表現できていることが、最終的な採択の判断につながります。

 

学術論文翻訳サービス

 

日本語の論文を単に英訳するだけではなく、正しく研究の目的や意義、研究者の目指していることを理解し、最適の英語で表現することが学術論文翻訳に求められます。

翻訳サービスの選び方

学術論文翻訳において、オールラウンドにこなせる翻訳家は不要です。

研究者レベルの高度な専門知識を持ち、専門用語を正しく駆使できる翻訳家に

よる翻訳が可能なサービスを最優先に選択して下さい。

サービスの使い分け

例えば、上述したIF値の高いジャーナルへの投稿であれば、多少費用が高くても、専門性の高い翻訳家と校閲者による徹底した論文英訳を行うサービスを利用しても良いかもしれません。

部分的な言い回しを確認するだけなら、Google翻訳などの無料で使える自動翻訳サービスの利用もアリでしょう。

学術論文翻訳サービスは、その内容、料金、納期に幅がありますので、

必要に応じて使い分けが必要です。

言うまでもなく、優れた研究論文のジャーナル投稿には、優れた学術論文翻訳サービスが不可欠です。

そして、私たちの翻訳サービスVERBALLYでは、このような学術論文の翻訳経験豊富な一流の翻訳家が在籍しています。

間違ってもクラウド翻訳サービスのようなアマチュア翻訳家が在籍しているような翻訳会社には、このような専門的な翻訳を任せることは避けましょう。

 

今は、従来の翻訳会社とは比べものにならない料金で高品質な学術論文翻訳ができる時代です。

 

10,000文字以上の翻訳依頼なら、無料トライアルも受け付けておりますので、まずは当社の高い翻訳技術をその目でお確かめください。

 

ご希望の方は、無料見積もりフォームより「無料トライアル希望」と書いて、トライアル希望の原稿をご提出ください。

 

無料トライアルのご依頼をお待ちしております。