Please reload

最新記事

翻訳会社・サービスを利用する時に注意!翻訳品質を向上させる6つの秘訣

June 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

視聴者が満足する映像(映画・ドラマ)翻訳・字幕制作で高いコンテンツを配信しよう

January 21, 2017

 広告プロモーションも幅広く活用される映像翻訳。
フォーラム(ディスカッション)やアカデミー(学問・芸術指導)などの教養を目的とした映像に対しては、ただ単に言語を翻訳するだけでは、ニュアンス一つで受け取り方も変わってしまい、伝えたい言葉が適切に伝わらず、見る側にとってはまったく違ったイメージを与えてしまうということもあります。

 

活きた言語の翻訳でなければ意味がない。

活きた言語の翻訳。ネイティブな言葉。実際に使われる外国語(英語etc)を活用することで、伝えたい言葉をきちんと相手に伝え、感動、想いの共有をすることが何よりも大切なことだと言えます。

 

ビジネスでは企業の求人の戦略として、または自社研修を海外支店の現地の従業に向けて、日本の自社ビデオに対して翻訳のテロップを入れることも、今では取り入れる会社、法人企業も決して少なくはありません。


トライアル求人募集、コンテスト向けのコンテンツetcと海外で活動するにあたり色々なビジネスプロモーションとして大きく活用できるのもやはり「きちんと想いを言葉で伝える」という点は、非常に大事なことです。

 

映画の吹き替えや字幕も一歩間違えればストーリーが台無し。

そして一番目に見にする機会が多く、世間的に見かけるものがあります。
映像翻訳の分野で、よく目にするのは字幕といえば、ハリウッド映画や外国語の各種映画やドラマ。日々の生活の中で、翻訳の言葉としては、身近なものではないでしょうか。
最近では、Netflix (ネットフリックス)やHulu(フールー)などのネット配信動画サービスが人気を呼び、翻訳業界でも字幕制作(テロップ)や日本語吹き替えの台本などを手掛ける案件が多くなっています。


もちろんVERBALLYでも、大手テレビ局をはじめ映像翻訳のお仕事を頂く機会が増えてきているのも事実です。

特に映画やドラマなどの映像は、場面の展開も早く、吹き替えの重要性は何よりも普段見られている方にとっては、一番ご自身でも感じている方が多いかもしれません。

見るものにとっては「言葉」は感情移入をする上で、当たり前のように身近な言葉の字幕ですが、その当たり前の表現を自然に、違和感なく見る側に伝えるのは大切なことです。
言葉の現す単語を一つ間違えるだけでも、ストーリーに大きく影響してしまい、どんな大ヒットした人気作品でも駄作に成りかねません。言葉の伝え方一つで、興行収入にも影響すると言えます。

 

VERBALLYは、実務経験6年以上のキャリアを積んだ少数精鋭のプロ集団
ただ翻訳するのではなく、一流の映像翻訳家が作品を仕上げます。
例え業界トップクラスのロープライスの翻訳サービスだからといって、信念に基づき一切の妥協はしません。
常に最高品質を目指し続け一般翻訳だけでなく、演劇の台本、映像作品に関しても一切の妥協もプロであるからこそ許しません。
技術に奢らず、細かいニュアンスの再確認。ネイティブチェックも欠かさず行い、大事な作品を、最高の作品にするためのお手伝いを。
はじめての映像翻訳のご依頼も、お気軽にVERBALLYにご相談ください。

 

➡無料見積もりはこちら
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square