Please reload

最新記事

翻訳会社・サービスを利用する時に注意!翻訳品質を向上させる6つの秘訣

June 27, 2017

1/2
Please reload

特集記事

洋書を日本へ!あなたの書籍を世界へ発信する出版翻訳の有効活用方法

February 22, 2017

海外からの書物・古書・雑誌・コラムなど最近では広く出版物の翻訳も多くなってきました。

 

海外の小説を元に、日本でドラマ化・映画化されるような単行本や小説は良く目にしたり、ニュースで聞いたりすることは多いかもしれません。

 

漫画・アニメ翻訳時代の到来!?

最近のビジネス的な傾向としては、日本の作品を海外に向けて発信する機会も多く、有名な小説家の作品の英語版、フランス語版、韓国語版。近年では漫画やアニメブームなどもあり、漫画のセリフの吹き替えなど、翻訳されて海外で一大ブームを巻き起こしている傾向があることは、ご存知の方が大半だと思います。

 

翻訳業界でも、出版翻訳家になるには?と、この職業自体の注目度が高く、専門のスクールに通っていたり、その方法を学んだり専門学校もあるぐらいです。


求人広告の募集も目につくことはありますが、やはり実際に海外でネイティブな発音やリアリティーのある生活をしてみてないと違いがあり、全ての方がそうであるかというわけではありませんが、その翻訳のクオリティーも、ばらつきがあるといった現状の傾向があります。

 

気軽にトライアルなど用いれば、良い人材を見つけ出すこともできるかもしれませんが、費用や経費が掛かってしまい、大作であれば十分な予算をかけて作り上げることはできるかもしれませんが、持ち込み作品や多額のお金を出して、出版社から出版権を獲得した後は、そこに費やす予算は非常に厳しいものがあります。

 

最小限のコストで収入をあげる。

ノンフィクション、フィクションと、雑誌や書籍のジャンルもさまざまですが、やはり何より一番優先させたいことといえば、記載された言葉をきちんと伝える。何よりも非常に重要であり、一番妥協してはいけない部分となります。
どんな名作であっても、言葉の意味が伝われなければ、駄作となってしまう可能性がありますよね。


生きた英語を正確に。そして前後の文面やストーリーをちゃんと理解し、不自然にならないように本格的に翻訳すること。
名作の出版物を、日本や海外で出版しても売れる作品のまま発信することは、作品以上に気を付かわなければなりません。

 

VERBALLYでは、そういった出版物を専門とした海外に駐屯している現地スタッフが在籍しており、数々の作品を手掛けてきました。
予算は抑えめていても他社に負けない本格的なハイクオリティーな翻訳を、提供しております。


無料でお見積もりをお気軽に試すことができますので、もし迷っておりましたらお気軽にご連絡・ご相談ください。

実務経験6年以上、TOEICスコア900・TOEFLスコア607超えの英語力を有するトランスレーターが、あっと驚くような価格でハイクオリティーな翻訳を納品します。
 

➡無料見積もりはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square