SAMPLE

翻訳サンプル

高品質な翻訳には高額な費用が必要だと思っていませんか?

かつての私もそうでした。

日本では中国や東南アジア諸国をはじめ、海外からの外国人観光客も増えており、飲食店や旅館のWEBサイトやメニューブック、カタログ。そして、店舗型ショップ、オンラインショッピングなどでも英語が広く用いられ、日本もグローバル社会へと確実に進歩しています。


需要だけが広がっていくことで、翻訳市場はその費用や料金。相場を高く設定していても仕事が依頼される状態で、こういった部分からも、ご依頼したいクライアントさまには手が届きにくいのも事実です。

特に最近ではホームページ(Webサイト)を媒体利用している会社も多く、多言語対応のページを追加されるクライアントさまのご依頼も年々増えています。


トップクラスの技術を持つ、一流翻訳家による業界最安値水準の料金を提供するのが、VERBALLY翻訳サービスです。
私たちのプロ翻訳家チームは、最低7年以上の実務経験、高い語学力(日本語・英語)が必要となり、キャリアを積んだものでなければメンバーになることができない、少数精鋭からなる一流翻訳家チームです。

ただ機械的に直訳翻訳するのではなく、ハイクオリティな文書を納品することを目的としているため、一切の妥協を許すことなく運営をしており、業界ではめずらしい納品後30日間の満足保証制度も採用しています。

翻訳サービスを提供する会社も色々あり、ワールド、丸善、Google、ドコモ、GENGOなど、格安、有料、無料問わず、たくさんありますが、口コミや評判、人気ランキングを見ていても何処に頼んでいいのか、どこがおすすめなのか。正直わかりにくい側面もあります。


VERBALLYでは、業界最安水準の翻訳サービスとして、少しでも安い料金で高品質の翻訳サービスを提供するため、技術に慢心することなく日々技術を進化させてきました。


他の翻訳会社と比較しても、その品質には胸を張って誇れるほど自信があります。

「安くて高品質なんて難しいのでは!?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、VERBALLYでは一つの特徴として、ただ翻訳するサービスを提供するのでなく、機械的ではない生きた英語・日本語を翻訳の専門家が作り上げています。

ビジネス文書(契約書やメールの翻訳)、政治経済、法律・法務、技術・機械関連の説明書や仕様書など、専門知識を必要とする文書や書籍・論文にも対応でき、各専門分野の翻訳エキスパートが高品質な翻訳をご提供します。

そして何より他の翻訳会社と大きく異なる点は、通常なら翻訳料金に上乗せされる広告費をほとんど使用せず、固定の事務所経費や人件費を最小限に抑えることで、業界最安水準を実現しています。

VERBALLYの翻訳家は、皆オフィスには出社せず、ほとんどが在宅にて翻訳業務をしています。
海外在住の翻訳者も多く、常にリアルな英語に日常的に触れている翻訳者ばかりだから、より精度の高い言語を生み出すことができます。

翻訳家にとって大切なことは、以下の4点だと思います。

・高い語学力(日本語・英語ともに)

・実務経験の長さ(その分野の翻訳にどこまで精通しているか)

・日常的にリアルな英語に触れている

・クライアントさまの立場やその背景、目的を理解した上で、適切な言葉に仕上げられるスキル

これらを全て持ち合わているのが、VERBALLYの翻訳家チームです。

このページをわざわざご覧頂いたのも何かの縁でしょう。

言語ビジネスという分野を通じて、あなたの会社と共に成長できることを楽しみにしています。

VERBALLY
Founder  RakuItogawa

ビジネス翻訳 日本語→英語

ニュース記事

​450字

政府が副業容認に転じる背景には、急速に進む少子高齢化による労働力不足への危機感がある。人口減少時代を迎え、企業サイドでは優秀な人材の獲得・流出防止や人手不足対策につなげたい考えだ。一方、個人にとっても、人生100年時代を見据えた複線的な働き方や選択肢の多様化が、期待できる。しかし現状、8割以上の企業が副業を禁止する根拠の一つには、厚生労働省が策定する「モデル就業規則」の存在がある。ここでは原則的に、副業禁止が明示されているのだ。

厚労省の検討会では、この副業禁止の記述を見直し「原則的に副業・兼業を容認」の内容へ改定する方向。モデル就業規則に強制力はないが、これを参考に自社の就業規則を策定している企業も少なくない。国による改定は、多くの企業に自社の「副業禁止規定」の再検討を迫ることなりそうだ。

事実上の副業解禁に伴い、大きな懸念材料の一つとされているのが「長時間労働になるのではないか」という点。正社員ならば1社専業が基本の会社が大半であることから、雇用保険や社会保険についても混乱が予想される。
 

There is a sense of crisis involving the rapid decline of the birth rate as well as the aging of the population that is behind the government's shift to accept sidelines.  As we are in an era of population decline, businesses need to obtain excellent human resources and take measures to prevent the outflow or a shortage of human resources.  Meanwhile, individuals can also hope that it will encourage pluralistic forms of employment and diversifying employment options as we are looking at the upcoming era of 100-year-life.  However, one of the reasons why more than 80% of businesses ban the sidelines is the “Model Rules of Employment” established by Ministry of Health, Labour and Welfare.  It is specified that sidelines are essentially prohibited.

 

In a meeting of the Investigative Commission held by Ministry of Health, Labour and Welfare, this description of prohibiting sidelines is going to be reviewed and be revised to include “secondary occupations and side businesses are essentially accepted.”  Although the Model Rules of Employment is not legally enforceable, quite a few companies use it as reference to set their own rules of employment.  The revision by the government might drive many companies to review their own “rules to ban sidelines.”

 

Due to the fact that sideline ban is practically lifted, one of the main concern is that this may lead to long work hours.  Some confusion about unemployment insurance and social insurance is anticipated since full-time positions at the most companies are based on one primary occupation.

IT翻訳 日本語→英語

ニュース記事

​450字

FSPSは、富士通のデータセンター内のFSPS基盤に、地域金融機関が従来利用するアプリケーションを利用して勘定系システムを構築し、富士通の運用管理サービスなどとあわせて利用できる地域金融機関向けのサービス。

 富士通によると、マイナス金利による経営環境の悪化や、ブロックチェーンやオープンAPIなどの最新技術への投資を背景に、勘定系システム領域への投資は抑制傾向にあるという。FSPSでは、仮想化技術によって分割した基盤上で複数の地域金融機関の勘定系システムを富士通が一括で運用管理を行うことで、地域金融機関はTCOの削減などを図れるとしている。

 FSPSには、従来の勘定系業務アプリケーションをそのまま移行できるため、これまで培ってきた独自の顧客向けサービスは継続して提供できる。また、FSPSにあらかじめ用意されたスマートデバイス連携などのシステム連携機能を利用することで、スマートフォンやタブレットなどに対応した新サービスの構築が容易になり、顧客接点や取引の拡大につなげられるという。

FSPS is a service tailored for local financial institutions allowing them to use their existing applications to structure their core banking systems on the FSPS base in the Fujitsu’s data center along with other services such as an operation management service provided by Fujitsu.

 According to Fujitsu, the investment towards the area of the core banking systems is diminishing because of a downturn of the business environment caused by the negative interest rate also the investment in the latest technologies such as block chains and Open API.  With FSPS, local financial institutions can reduce the total cost of ownership (TCO), etc. by letting Fujitsu manage multiple operations of core banking systems simultaneously on their base which is segregated by virtualization technologies.

FSPS allows existing applications for the banking operations to be transferred as they are so that local financial institutions can use their own client services which they have been building over the years.  Also, it is possible for the institutions to expand contact points with their clients as well as business by using FSPS prepared system connecting functions such as smart device compatible which enables institutions to build new services compatible with smart phones, tablets, etc.