ENERGY
ENVIRONMENT

グローバルビジネスに必須!環境翻訳会社選択の3つの決め手

個人の生活にも影響する問題として身近であり、関心も高い環境やエネルギー問題は、問題解決に向けたさまざまな取り組みが世界規模で行われています。

 

従って環境問題はあらゆる分野、業界と何らかの関わりがあり、グローバルビジネスを展開している企業であれば、企業の社会的責任として環境への取り組みを実践していることが必須です。

 

 

環境翻訳とは 

 

環境先進国が主導する環境基準やルールに準じた行動をとることは勿論、その一環として、環境に影響する商取引やビジネスを英文書化し、常に公表できるように維持管理することが、グローバルビジネスを展開するあらゆる企業に義務付けられています。

 

環境翻訳が対象とする文書には、サスティナビリティレポート等の報告書、資材調達プロセスを明らかにするグリーン調達ガイドライン、各種認証団体への提出するための原料データシートや化学物質管理マニュアル等が挙げられます。

 

 

環境翻訳の特徴

 

環境汚染や保全、エネルギー、CSR、規制、地球温暖化対策など、環境翻訳の最大の特徴は多岐にわたる点にあると言えます。

 

外部向けの文書も、政府や規制団体等へ提出や報告する目的のものから、企業活動を分かりやすく一般や子供向けに伝えるパンフレットまで、一方社内向けの規程書等も多いため、翻訳文書の読者にも多様性がある点も特徴です。

環境翻訳に強い翻訳会社を選ぶ3つの決め手

 

環境翻訳を手掛ける翻訳会社は多数ありますが、信頼できる翻訳会社を選ぶにはどのような点に注目したらいいのでしょう。

         

環境翻訳に強い翻訳会社を選ぶ決め手は次の3つです。

環境問題に関する最新動向の調査力

環境問題や課題に関する世界中の最新動向についての情報収集活動は、高品質な環境翻訳の実現に不可欠な要素です。

 

業界や市場調査のためにどのような調査体制を敷いているかで、翻訳会社の品質管理への姿勢がうかがえます。

 

豊富な実績

多くの案件を手掛けるほど、翻訳会社に翻訳のノウハウが蓄積され、また専門性も高いはずです。

 

ISO14001、RohsやWEEE指令に関わる報告書やマニュアルなどのグローバルビジネスを展開する企業であれば一様に必要とする翻訳なら、受注量が多い翻訳会社ならば、短納期かつ低い料金での対応も期待できます。

 

翻訳者の専門知識と日本語力

環境問題に関する活発な研究活動や成果が英語論文等で続々と発表されることから、情報収集を目的とした和訳のニーズが非常に高いことも特徴です。

 

まだ市場に使われていない用語も多く、分かりやすい日本語に置き換える作業には英語力だけではなく、高い専門知識と日本語の表現力が求められます。

 

私たちVERBALLYでは、環境翻訳の分野に精通した翻訳者が在籍しています。

 

翻訳原稿が1万文字or1万ワードを超えるご依頼については、無料トライアルも承っておりますので、まずは御社にリスクなく当社の翻訳品質をお確かめ頂けます。

 

無料トライアル、無料見積もりをご希望の場合は、お見積りフォームよりご連絡ください。

その際、無料見積もりフォームに、「無料トライアル希望」と書いて頂ければ、よりスムーズにご対応ができます。

 

御社からのご依頼をお待ちしております。